2006年02月08日

トーマの心臓☆

今日は体調が芳しくなかった為、帰ってきてから基礎トレもせず、
のんびりゴロゴロしてました☆

ベットで横になりながら読んだのは、萩尾望都さんのマンガ『トーマの心臓』ぴかぴか(新しい)
同じ世代だと知らない人も多いのですが、やっぱいいですね〜♪
作品全体に撒かれた詩のような言葉達が、すごく心に響くんです!

想い人のココロを救うためなら、自らの命を投げ出す事を厭わない少年。
そこに情欲や束縛とかは無くて、ただ純粋に相手の為に存在する透明な命。
人が根本に還り、そして誰かを想った時の姿が、瑞々しく描かれている作品だと思います☆


ちなみに小垣外は『トーマの心臓』ならオスカー、
『ポーの一族』ならエドガーが好き♪
マニアなネタでごめんなさい☆

そんな感じで小垣外の心も潤い充分♪
さっさか体調整えて、次行こうわーい(嬉しい顔)!!


posted by つばさ☆ at 23:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々の記憶☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。