2006年04月12日

当たって欲しくない予感。

って、何で大抵当たるんだろ(>_<)
良いことでも、嫌なことでも、小垣外の直感は当たる事が多いです。
そんな事起こってて欲しくなくて、ギリギリまで「ないないないない!」って否定しても、心の中に残る要素や可能性が、予感に繋がるからかな。。。?

とにかく、当たって欲しくない予感が見事に大当たり!
信じたことを後悔はしないし、裏切られたとは思わないけど、
「裏では、そうなっていたのかい?!酷いぜ、ベイビー!!」って、
隠れて起こっていた事実にショックを受けました。

普段は優しい(まだ信じてるもん!)人の中に潜む、
ほんのちょっとの悪意といたずら。
一個人の心の中を、湖だとして、誰かがいたずらに投げた石が波紋を広げる。
その波紋が、透き通った、その心の底に描かれた絵を歪めてしまう。
湖の外にいる人たちには、歪んだ絵しか見えないし、湖自体も底に描いてある絵を見失う。
石を投げられないために、表面や底をプラスチックで固めたくなるけど、
湖に住もうとしてくれる生物を跳ね返したくもなるけど、

ええい!!負けるかぁ!!
その人たちが全てじゃないし、大切だって想える友達がたくさん居るもん!!
ちょっとだけ人間不信&警戒になって、さっさか回復するんだい!!
予感が当たってしまった以上、切り抜けていくしかない!!

何か、文章混乱気味ですいませんふらふら
明日からも頑張ります!


posted by つばさ☆ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の記憶☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。