2006年02月08日

トーマの心臓☆

今日は体調が芳しくなかった為、帰ってきてから基礎トレもせず、
のんびりゴロゴロしてました☆

ベットで横になりながら読んだのは、萩尾望都さんのマンガ『トーマの心臓』ぴかぴか(新しい)
同じ世代だと知らない人も多いのですが、やっぱいいですね〜♪
作品全体に撒かれた詩のような言葉達が、すごく心に響くんです!

想い人のココロを救うためなら、自らの命を投げ出す事を厭わない少年。
そこに情欲や束縛とかは無くて、ただ純粋に相手の為に存在する透明な命。
人が根本に還り、そして誰かを想った時の姿が、瑞々しく描かれている作品だと思います☆


ちなみに小垣外は『トーマの心臓』ならオスカー、
『ポーの一族』ならエドガーが好き♪
マニアなネタでごめんなさい☆

そんな感じで小垣外の心も潤い充分♪
さっさか体調整えて、次行こうわーい(嬉しい顔)!!


posted by つばさ☆ at 23:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々の記憶☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっ!「トーマの心臓」知ってるんだ〜!あたしも好きです。萩尾望都さんの本はみんな、詩的で、独特の世界観があるよね。「半神」は確か深津絵里さんで舞台化したよね。観たかったけど、観そびれたんだな〜。どちらも考えさせられるので、元気ないときに読むとあたしは落ちちゃうんだよね・・・あと、寝る前に読むと夢に見る。今日当たり久々に読んでトリップするかな!
Posted by えみ at 2006年02月13日 21:16
つばさちゃんだ
おお
トーマの心臓
私の友達がスタジオライフの制作やってて
ライフで何度か舞台化してるから
一時私の周囲でかなりブームになってた
私はマンガも舞台も全然見たことないんだけど(笑)
先週はお疲れ様でした
ありがとうございました
これからも我々を宜しくお願いします

Posted by innocentのkurokawamiyuki at 2006年02月16日 00:41
皆さん結構知ってますね〜☆

>えみさん
トリップしましたか?
萩尾さんって一体何者??!って世界観ですよね。
半神は観てはいないけど、脚本持ってます♪
小垣外は凹んだ時に読んで、もう一回人間信じてみよう!!って精神状態になったりしてます☆
トーマの「喪失からの復活」みたいな部分に共感してるのかな?
何にせよ、凹んだ時は一緒に飲みましょう!!嫌な事は、お酒で洗い流す!!浄化、浄化♪

>美雪さん
いえいえ、こちらこそありがとうございました!
イノセントの人たち、本と好きです☆
トーマは面白いですよ〜イノセントの方々とか好きっぽい♪
次の差し入れは決まりッスね(^^)!
今後とも、よろしくお願いいたします!


Posted by つばさ☆ at 2006年02月16日 05:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。