2005年07月01日

ショートショートフィルムフェステバル☆

別所哲也さんの事務所が主催するショートムービーの祭典
『ショーとショートフィルムフェスティバル』に行ってきました☆
ショートムービー界ではかなり有名な祭典で、
日本はもちろん世界中から寄せられた2,050本の作品の中から、
厳選された約90本の作品がラフォーレ原宿、六本木ヒルズで上映されています。
今日はナショナル(監督が日本人)部門の7作品を見させて頂きました☆
七作品といっても1つが5〜20分位なので、飽きたり疲れたりは全くしません。
それどころか、長編じゃ味わえない密度や簡潔さがあって、ワクワクしてしまいます!

流石選ばれた作品だけあって、どの作品もすごく良かったのですが、特に『』という作品にひかれました。
イギリスで実際にあった事件を元にした作品で、ある男の人がジーっと計画を練ってある作品を作っているのですが、
最終的に出来上がったものが、自殺するためのギロチン。街で気になった女性を捕らえて、その刃を落とさせる。。。
という内容で、計画的に自殺をする男性のこの世の中での所在無さ、みたいなものを強く感じました。
過激だけど、何か叙情的。。。
面白かったです☆

ラフォーレでは、あと3日上映がありますが、毎日登場予定です☆
明日はインターナショナル部門!
楽しみです☆


posted by つばさ☆ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の記憶☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。